伝わったのは言葉だけ

好きなことを好きなだけ。

刀ステ 義伝 追加感想(雑記)

 

 

配信の期限が切れそうなので、 

ライビュの感想と23日の公演で思い出したとことかその辺りをざっくりと。

配信で死ぬほど見直してるんでそのあたりはご了承を。

ライビュの後なんでネタバレも何もないけど、ネタバレ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

最初観劇した時、攻殻機動隊っぽいBGMあるっていったけど、

ライビュ観た後だと、姫神の神々の詩の方がしっくりくるかも。

曲名知りたいし、何回も聴きたいからサントラください。買います。

 

Twitterで日替わりとかまとめを見たんだけど、

ログボあったんだね。なんで気づかなかったんだろう?

23日は歌仙さんらしかったです。鯖は覚えてた。

 

 改めて。私が観たのは、6/23 18:30から銀河劇場での公演と、

7/14 地元のくっそ音響の悪い映画館でのライビュでした。

ほんとは遠征費の関係で京都を狙いたかったのだけれど、

どうしても、絶対観劇したかったので、東京行きました。飛行機で。

私頑張ったと思う。

ライビュを観ると、福岡狙いば良かった~って心底思う。

(結局全部行きたい欲がある)

地元の映画館なんで店舗改装時に映画館新調しなかったんだろう…。

 

劇場で観劇したときとライビュを見たときでなんかこう感じるものが違った。

刀ステ義伝ってこんなにもさらっと見れたものだったっけ?って思いました。

 きっと劇場では会場の空気に飲まれていたのかな。

怖い怖いって思いながら観劇した割には、あれ?そうでもなくね?って感想です。

 

OPですが、ライビュでもやっぱり何言ってるかわかんなかった。

このメロディ好きだなーって思いながら見てましたけど。

(配信で10回くらいリピートして、Twitterでうpされてる歌詞画像を見てようやく8割わかったって感じ。)

この曲好きなんで配信でもサントラほんと売ってほしい。

 

観劇やライビュではそれほどなんとも思わなかったんだけど、

早朝の三日月さんと鶴丸さんの手合わせの時のまんばちゃんいじり。

なんかこう、彼らは客ウケがいいからやってることだし、選んだネタなんだろうけど、

見ててちょっとさむいなーって思った。

三日月さんとか鶴丸さんとかまんばちゃんとかあのあたりでCP組んでる人たちが

騒ぐよなーって思うから余計に。

おはぎとか口に突っ込まれてた虚伝の長谷部さんも可哀想だなーって思ってた。

畑当番組に巻き込まれた歌仙さんはきっとあんな感じだろうって想像できる。

 

何回見ても伊達政宗周辺の人間キャストっていい味出してるなーって思う。

大俱利伽羅さんと歌仙さんの遠征時の伊達と細川の美談(?)の時の

伊達側の細川の家を取り潰したいのかっ!のセリフがもうヤバい。涙腺に来る。

後半の伊達と細川の殺陣とか政宗と小十郎の殺陣とか土砂降りの中での天下取りの話とか。

 

光忠クッキング。

虚伝の時から思ってたんだけど、この本丸の光忠。

メシマズなのか料理上手なのか、よく分かんない。

炭火でご飯炊いたと思ったらちゃんとずんだもち作るし…謎。

 

そういえば、客降りからの伏見城で飲みながら歩いてくる伊達一行

私が観劇したときはテケテンって歌ってたけどあれは何の歌?

 

遠足シーン。

三日月さんの旗と歌仙さんのしおりは本丸で誰が作ったんだろう?

楽しみにしていたあたりすごく可愛い。

旗を没収されたときの三日月さんは本当に可愛い。

山といえば山姥切ってなかなかよく分からない例えだよね笑笑

小夜に避けられたまんばちゃんがショックなあまり三日月さんに

八つ当たりするのは最高に可愛いと思いました。まんばちゃんが可愛い。

今は筍の季節ではない、のないのところが心底否定している笑

俺を驚かせるのは骨が折れるぞってセリフもうちょっと間をおいてほしかったなーとは思った。

単独行動をとった大俱利伽羅さんを追っかけた小夜の話を聞いてあげるの優しい。

三日月さんの ほら!山姥切!ここにもあったぞ!!どんぐり~♪ がものすごく可愛い。好き。

人材育成の話を畑当番に例えるの上手いなーって思った。

腹の底が見えない~のくだりの三日月さんを見ていると

いつか豹変してしまう気がして仕方ない。

これはきっと4月にスーパーダンガンロンパ2の狛枝くんを

やっている鈴木さんを見たせいかもしれない。

けど、なんかこう、敵側に一度堕ちた鶴丸さんを見ると、

三日月さんもいつかああなるんじゃないかって思って仕方ない。杞憂だといいな。

 

 黒甲冑に出会った政宗が土砂降りの中、小十郎についてくるか否か問うシーンすごく好き。

これより行くは修羅の道ぞ!ってほんと格好いい。

あと音楽。男性コーラスの何回も流れるけど、すごくいいと思う。

 

黒甲冑が最初は政宗に戦わせて天下をって算段だと思うんだけど、

どう頑張っても忠興さんに刺されちゃうから乗り移っちゃったのかな。

刺された直後、大倶利伽羅さんと歌仙さんを見て藤森での出来事を思い出すシーン。

死に際の思い出話がすごく心にきた。

天下を取りたいと行くはずもなかった関ケ原で何度も刺されて死んで、

彼にとってすべて自分で決めた現実なのだけど、刀剣からすると全部仕組まれて

誘導されて利用されているに過ぎない虚構と思うと嘆かわしいというか悲しくなる

結局は正気に戻って黒甲冑を始末するんだけど。思い直すシーンもすごく良かった。

 

歌仙さん、日常だと風流しか言ってないけど、(何回言ったのか数えたほうがいいかも)

戦闘になると言葉が一気に語彙が増えるよね。

死出の歌?を送ろうとか幽寂閑雅の調べなりとか。

私が読んだことのある二次創作の歌仙さんは

天下五剣三日月宗近に対して憧れとか尊敬とかそんなものがあるけれど、

ステの歌仙さんは三日月さんのことはあんまり気にしていないのかも?

笑っている場合ではないぞ!っていうあたり、

このマイペースじじいがとも思ってそうな感じがなんとも笑笑

 

 個人的に燭台切と鶴丸のキャラが合わないなーって思っているとことがあって、

燭台切は虚伝の時に比べて良くなったという言い方は違うけど、

ゲームから得れるイメージに近くなった。猫背?が良くなったね。

鶴丸さんは、キャスト交代時(虚伝の再演)に感じてたものが分かった気がする。

胡散臭いんですよ、再演と義伝の鶴丸さんは。なんかキャラクター的に信用できない。

黒甲冑を取り込んだ辺りからの演技がとてもしっくり来たので、

私が感じていたのはこれだったのか!とちょっと感動した。

 

伊達組の真剣必殺、声の張り方が良かった。

倶利伽羅さんのすごい好み。ゲームそっくりだった。

お前なんかじゃない!のじゃない!に力が入ってるのがすごく良かった。

 

ライビュのカメラワークの話になります。

Twitterでは小夜が黒甲冑に刺されたシーンの歌仙さんのアップが良かったというのを

何度か見かけたんですが、個人的にはあそこはアップにしなくて

もうちょっと引いてのカメラでもよかった気がする……。

なんかちょっと笑ってしまうカメラワークだった。

でも、遠足時のまんばちゃんと三日月さんの会話(腹の底が見えないのくだり)の

カメラワークはとても良いと思った。

あと、小十郎が政宗に「某にも貫き通さねばならぬ義がある!」のシーン。

配信でいうと2:12:56あたり。「あなたは某がお守りする」のあたり。

ここの政宗さんの横顔とってもかっこいいと思うんです。カメラさんありがとう。

 

小夜が笑うシーン。とっても可愛かった。

劇場ではまんばちゃんがラーメンをちまちまと食べる姿を凝視していたり

倶利伽羅さんを見てたり三日月さんを眺めてたりので見逃してしまった。

まんばちゃん可愛かったです。

でも修行時の行ってきますは笑わなくてよかったんじゃないかな。

 

EDすごく好みでした。もう配信してくれ…サントラだって買うよ…。

傘!!!前回と色違い!曲も振りも立ち振る舞いもよかった!

 

刀ステのカーテンコールが割と好きで、

キャラのままではなく俳優さん個人の言葉が出てくるところが好き。

細川組のあいうえお作文めっちゃ面白かった。

縁があったらまた会おう!がすごく好き。

次回作の発表はここではなく、後日Web上でのみだったけど、

スケジュール調整して次回も観に行く。頑張ろ。

 

 

6/23 舞台刀剣乱舞 義伝暁の独眼竜 観劇感想

 

せめて1回は鈴木拡樹さんがやる三日月宗近を、あの衣装を纏っている姿を見たい、

というかあの完成度の高い衣装を生で見たいって理由で観に行きました。

もし、次回作があったとしても鈴木拡樹さんが続投するとは限らないからと死ぬほど生で観たかった。

チケット当たってほんと良かった。

当たったは良いんだけど、楽しみすぎて同時に怖くてゲネプロ記事すら読めなかった。

でも読まなくて良かったかも?と思う。

唯一やったことはゲーム本編、九曜と竹雀一連の回想回収くらい。それくらいで十分だった。

 

 

 

以下、ネタバレ含みますので、自衛をお願いします。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めての銀河劇場で前回プレミアム席狙いで惨敗したので今回は一般席です。

えっと、一般席枠から2列目くらいだったけど観やすかった。右ブロックだったけど。

通路も近かったし通路を使った演出も間近で見れました。

 

会場内のBGMは劇中の音楽でした。

毎回そうなのかな?前回を知らないからちょっと分かんないけど。

女性コーラスの入っている曲はどことなく、攻殻機動隊を思わせる曲だった。

SACじゃなくてghost in the shellのほう。あとはイノセンスとか。

個人的な見解なんだけど謡Ⅰとか傀儡謡とか三日月さんっぽいなーって思ってます。

三条って感じが強いけど。話が逸れましたが、他の曲もあったけど特に印象的だったので。

俄然テンション上がりました。

 

虚伝の時のようにキャラクターでのアナウンスがあるのかなと思っていましたが、

普通にスタッフのお兄さんでした。ちょっと期待してただけに残念。

 

話は三日月さん達が出陣中で起こったアクシデントを本丸での回想を経て、戦場で解決していくという構成で、状況把握がしやすい流れだった。ほけーっとしてた頭でも理解できました。

舞台の作りも前回の階段が動くのではなく、平べったかった。

なんて言っていいのか分かんないけど、ちょっとした小山がある感じ。

 殺陣がよく見える感じで良かった。

 

話の中心は伊達と細川で主に大倶利伽羅さんと歌仙さんのちょっとした喧嘩ですね。

まぁ、回想見て貰えばそのままだからきっと分かる。

ゲネプロ記事公開時、たまたまTwitterに上がってた写真にお縄についた大倶利伽羅さんと歌仙さんが写ってて、伊達とか細川とか人間サイドに捕まって、みんなで助けに行く話なんかなとか今となってはよく分からないことを思ってた(あらすじ読めよ)

 

本丸での回想シーン(結構長い)では、和気藹々とした如何にも刀剣乱舞のほのぼのした本丸って感じでした。(大倶利伽羅さんと歌仙さんはピリピリしてたけど)

 燭台切の料理スキル上がったのかメニューが幅広くなってた。

おにぎりの具は日替わりだったのかな?私の時は鯖だった。

あの炭火でお米炊いてたメシマズであろう燭台切が成長したんかなって思った笑笑

いや、もしかしてあのおにぎりも炭火で炊いたの?笑笑

 

本丸ではまんばちゃんが頑張ってたけど結構空回ってた。

小夜との会話とか、割烹着とか、割烹着とか。

布の上から着ちゃうんだ。かなり斬新、というかそこまで布の取りたくないのか笑笑

今回は出陣する側じゃなくて本丸に残ってたけど、

近侍らしく本丸の問題を解決しようとするところが頑張ってたと思う。

虚伝に比べて、すぐ卑屈にならずになんとかしようとしているところがなお良かった。

 

で、回想終了して関ヶ原でのこと。

よくあるタイムループネタだったけど、これは怖いなって思うタイムループだった。

三日月さんがまどマギでいう暁美ほむらのような立ち位置で、鈴木拡樹さんの演技も相まって非常に恐怖を覚えた。鹿目まどか的存在はいないのにどうするんだろう?

観劇者からみて最初のループ時の三日月さんが特にというか一番怖かった。

ビビビッってなってるとこ。ほんと、肝が冷えた。

 

遠足先で会った伊達政宗たちとの再会と、黒甲冑による特異点の発生で

次に何が起こるか想像できるんだけど、ハラハラしててみんな救われてくれ~って気持ちで見てた。

刀ミュの3公演と虚伝を見ても人間サイドに感情移入なんかしなかったのに

伊達は、細川はほんとやばかった。号泣とかじゃなくて、一筋の涙が…みたいに静かに流れる感じ。

悔しさと遣る瀬無さと目の前の可能性といろんな感情が入り混じって、

それでもこの想いは自分で断ち切らないとと黒甲冑に立ち向かった政宗さんは

とても格好良かったです。

片倉小十郎付喪神同士の戦いに人の身ながら懸命に立ち向かって行く姿や

政宗さんをどうにか止めなくてはと頑張ったり、でも、一生仕えるって決めたから従うとか

葛藤の中最後まで着いていく姿に泣けた。

ただ陽気な姿はもののけ姫のアシタカに助けられた牛飼いの人を思わせるところがあるなーって思った。

細川さんのことそんなに知らないから、物騒な雅な人ってイメージだったけど、結構熱い人だった。

歌仙さんとの言い合いとか、歌仙兼定の話とか(バレるんじゃないかとヒヤヒヤした)背筋が真っ直ぐなしっかりした人だった。ラストシーンはズルイよ。ほんと。

 

実を言うと、刀剣男士の中でも伊達組はそんなに好きな方ではなかった。(大倶利伽羅さんは除く)

んだけど、今回それが覆された、かも?

細川組は元から小夜が好きだったし、歌仙さんはおひとりさまってところが可愛いなって思ってた。

小夜が伊達組は強いって言ってるシーンで、背後からのライトで立ってる4振は、醸し出される雰囲気で、これは強いって思わせられる演出だった。表情が分かりにくいから余計に。

遠足時の短刀のみ索敵するシーンはゲームのステータスを反映した素晴らしい展開だったと思う。これぞ短刀!ってちょっと感動した。

 

黒甲冑についての考察。

 伊達政宗の着てた黒い甲冑に付喪神?が憑いて、なおかつ刀剣男士と審神者にとって悪い方に走っちゃった彼?なんだけど。

観劇当時は検非違使に次ぐ第4勢力きた!って思ってたけど、

敵の正体が明確にされていない現在、敵のボスというか審神者的立ち位置は黒甲冑のような存在なんじゃないかな。

って思うと刀剣男士が敵側に寝返るってのもありそうだよなー。

ゲームの展開的に艦これの深海棲艦の喋れるのとかそんなんが

そろそろ出てきてもいいんじゃないかなって思ってたので尚更そう考えたのかも。

 

取り込まれた鶴丸さん。

イラスト投稿サイトで100万回くらい見た展開だったと敢えて言いたい。

いや、ほんと。衣装替え大変だろうなーってのが率直な感想。

ただ、取り込まれる瞬間の映像演出はもっと他にあっただろう!と思う、とっても。

個人的にダサ…イケてない演出でした。あれがなかったら手放しに良かったってきっと言ってる。

でも、鶴丸役の健人さんがいい仕事をしてくれたおかげで、三日月とはまた違った曲者感があってそこは良かった。

染谷さんがやられた鶴丸とは別方向で、健人さんだったからこの雰囲気だったのだろうって思う。

キャスト交代時はあんまりよく思ってなかったけど、

今回のを見て鶴丸さん役が健人さんで良かったかもって思った。

 

 演出。

前回に引き続き、プロジェクションマッピングが凝ってた。

小夜の逸話の切り絵?のような映像も良かった。

黒い鶴丸さんはまぁ、うん。

ススキや畑、本丸の縁側?が用意される瞬間を見ると、演劇だなぁって思った。

 

音楽。

はやく!配信でもいいので!サントラください!!!買います!!!

OPもEDも良かった。EDはどこか懐かしい感じのメロディだったんだけど、

詳しくは覚えてないからライビュでどうにか…円盤はよ…。

 

 

倶利伽羅さん。

あのですね、ミュの方も見たんですけど、私の好みはステの方の大倶利伽羅さんでした。

絶対に馴れ合わないけど仕事はするってのが良かったです。

腰布ヒラヒラしてて殺陣が映えてました。好きな刀剣男士ベスト3に入るんでめちゃくちゃ嬉しかった。

 

燭台切光忠

今まで君のこと、ホストだとかジャズバーに居そうとか思っててごめんね!(今も思ってるけど)

実は格好良かったんだねって今更気づいたよ。

虚伝の時の誰かと話す時の猫背じゃないけど背中から首が曲がった感じになるのがなくなっててよかった。

 

太鼓鐘貞宗

完全にノーマークだったので予想以上の完成度にビックリ。

声似てませんでした?ほんとビックリした。

ゲームだと衣装と派手さと格好良さの話しかしないからなんだこいつって思ってたけど、

君もカッコよかったんだね。ミミズに手を振ったり細やかなところが可愛かった。

 

鶴丸国永

初演からキャスト交代時の時はびみょーだよなーって正直思ってた。

でも、今回のくえないジジイその2で何か考えを持ってるけど敢えて言わないで

三日月さんとは別方向で行動するし、三日月さんと怖い会話するしで

印象がガラッと変わった。良い方向で。黒鶴の演出はともかく、俳優さん本人はすごいと思う。

 

歌仙兼定

登場した最初、あれ?って思ったけど、繊細ながらも大胆な動きはいかにも歌仙兼定!って感じで良かった。

おひとりさまエンジョイしてるようで小夜に引っ付いてるのも可愛かった。

遠足のしおりを楽しそうに読んでる姿も可愛かった。

彼が普段の遠征に行って楽しんでる光景が思い浮かぶようだった。

いや、ほんと歌仙兼定。雅だった。

 

小夜左文字

虚伝から殺陣すごいって言われてて、ライビュやBlu-rayで散々見たんだけど

やっぱり実感できなかったんだけど、生で観てその凄さをようやく実感した。

めちゃくちゃ動くやんけ。目が回らないの?大丈夫?

前回、前々回からさらにパワーアップしてて今後がどうなるのか楽しみ

修行、気をつけて行ってきてね。

 

山姥切国広

可愛くなりましたね。それと前回と比べて近侍レベル上がりましたね。

ちょっとずつ頼りになってて審神者嬉しい。

生で布バサっが観れたので満足。席の場所なのか顔はあんまり見えなかったけど笑笑

 ラーメンをちびちび食べる姿が最高に可愛かった。

けど、殺陣はカッコよかった。

小夜と和解して手合わせするまでの道のりを内心応援するのが楽しかった。

コミュ障あるあるすぎてちょっと心が痛かったけど笑

割烹着最高でした笑笑

 

 

三日月宗近

虚伝の初演、再演ヤバかったけど、今回はもっとヤバい。

藤森での鶴丸との会話がそのヤバさをさらに際立たせている気がする。

フラグすぎてもう怖いしか言えない!

何を知っていてそれで何を考えていて、何をしようとしているのか想像はできるんだけど、

そうであってほしくないというか、なんというか、

見た感じ早々に居なくなるってことはないんだろうけど、怖いなー。

自己犠牲がありそうでちょっと心配。どうか生き残ってくれ。

唯一の救いはどんぐりだと思う。可愛すぎか!笑笑

見たかった衣装ですが、神々しかった記憶しかないです。行ってよかった。

 

伊達・細川

なぜ!私は!ブロマイドを!買わなかったのか!非常に悔やまれる。

人間サイドで涙したのはこれが初めてだから責任とってほしい笑笑

 

 

ライビュ観たり、随分先だけどBlu-ray見た後に思うことがあったら追記します。

観劇後、しばらく放心状態になったのたぶんこれが初めてかも。

とにかく遥々東京まで観に行って良かった!

 

 

4/1 スーパーダンガンロンパ 2

 

最初に結論を言うと、面白かったし楽しかったです。

チケットぴあから鈴木拡樹さんのタグで届いたメルマガからの応募で観た舞台になります。

メルマガが届いた時、ダンロンはアニメ見たよなー、鈴木拡樹さん出るのかー、

大阪でもやるのねー、あ、森ノ宮じゃーん迷子にならないし、

応募しちゃおってとっても軽率に応募した記憶がある。

刀ステの応募で散々落選したんで、

新参者でニワカな私はもう鈴木拡樹さんが出る舞台は

落選しかしないんじゃないかって思い込みがあった(とっても偏見)

確か、年末に応募したような気がする。

座席の希望が出せるってことで、どうせ当たらないやろって気持ちで

第一希望から順に特別傍聴席、通常席にした。

んだけど、普通に特別傍聴席が当たっちゃって、当選メールを見ながら首をかしげた。

簡単に当たるってオカシクナイ??キノセイ???今思えばあれは割と早めの先行だったのかな?

先行が進んでも一般発売になっても席があったからもしかしてこの舞台はあまり人気がない???

私の周りでもダンロン観に行くって言ってる人いないし、Twitter検索しても呟いてる人あんまりいないし…と

初空席が多い舞台を観に行くかもとすごく心配した。

俳優さんや公式が呟く楽しげなtweetももしや自演???🤔ってなんて考えてた(失礼すぎる)

普通にそんなこと全くなかったけど笑

 

東京公演が終わり、いよいよ大阪公演。

開場前の列に並ぶのが好きではないので、開演15分前くらいに会場入り。

まぁ、ビックリしますよね。席埋まってて。ずっと席空きあるって思ってたんで。

さようなら12,000円って用意された席はセンターブロックの通路から2席目。

ほぼ真ん中から舞台全体を一望できる席をご用意していただきました。良かった。

わー台本!って思いながらクリアファイルとともにカバンへ。ネタバレは読まない派です。

双眼鏡を用意しながらトロピカルな舞台セットを眺めてたら開演。

ヒノデの双眼鏡めっちゃ優秀。

 

舞台が始まってビックリしたことは、

三瓶さんとアンサンブルのモノミ&モノクマダンサーズの皆さん。

私、テレビを見なくなって久しいんだけど、昔辛うじて見てた1ヶ月1万円生活

低コストでいろんな料理を作ってた三瓶さんがいることに最初すっごい驚いた。

こんなところでお目にかかれるとはーってちょっと感動。

モノミ&モノクマダンサーズの皆さんは、ダンスのキレが凄かった。

もしかしたらこの舞台で1番好きかも?

罪木さんの裁判の時のモノクマダンサーズがとても印象的だった。

キッレキレすぎて面白かったし、自分の体調が悪いのも相まって

あんなに動けるって羨ましいって思った。

カーテンコール時のサプライズもほんと良かった。

面白かった。ほんと面白かった。七海さんすごかったし、田中くんナイス笑笑

 

舞台全体で思ったのは、女の子のスカート。

短くて翻ったりしたら大変なんじゃない?ソニアさんとかほんとヤバいよ?

赤音さんは例外として、私の席から見てスカートがめくれたり…ってのがなかったので

衣装さんすごいな、女優さんすごいなって思ってた。終わるまで思ってた。

 

で、ずっと見たかった鈴木拡樹さんの演技。

顔を見たら鈴木拡樹さんだって思えるんだけど、

テレビで見たりバクステ映像で見るような鈴木拡樹さんはどこにもいなくて(当たり前だけど)

狛枝くんのことよく知らないけど、表情とか

話の中心にいなくて舞台の端で考え込んでたりする姿を見てすごいなーって思った。

月並みな感想しか出てこないけど、ほんと凄かった。

死体になってからもずっと動かなくて、話そっちのけでずっと見てた笑笑

客席の通路を通るとき至近距離で見れたんだけど、

テレビで見たりするときも思ってたんだけど、肌すっごい綺麗やんな!

ほんと舞台俳優さんってスキンケア何使ってんの?不思議。

鈴木拡樹さんを観に行ったというより狛枝くんの狂気を観に行ったって感じでした。

ほんと彼を観た実感がない笑

 

舞台が終わってから気づいたんだけど、

ヘタミュで日本さんやってた植田さんも出ていらして、

俳優さん覚えるの苦手すぎて全然気づかなかった。

日本さんの時と声違いすぎるっしょ。

 

あと、江ノ島盾子ちゃんすっごい好きだから映像だったけど出てきてくれて嬉しかった。

心の中で盾子ちゃーん!!って思ってた。

 

今回の舞台観劇は、ほぼほぼ出演者を観に行ったって感じでした。

出演者を観に行ったというかキャラクターを観に行ったというか。

話の内容もダンガンロンパってこういう展開でこういう結末だよねって

アニメしか見てないけど、納得できるものでした。

終盤ライトが眩しかったけど、演出も良かったと思う。

裁判のたびに柵持ってきて舞台回転させるのは大変そうだなーって観てました。

 

観劇してから20日くらい経つんだけど、今でも声とか思い出せるし

夢だったかも?って思えない。それくらい楽しかったって実感がある。

会場でBlu-rayも予約してしまったので6月までの楽しみが増えました。

観に行くまでの不安はなんだったのかってくらい心配無用の素敵な舞台でした。

代引きのお金確保しとかないと。

 

4/1 17:00 森ノ宮ピロティホール

 

‪Please Please Please‬ 感想

 

佐藤流司出演のPlease Please Pleaseを観てきました。

サイトの色合いとかフォントとか予告映像とかうっかり見ちゃって、

観たくて観たくて仕方なかった映画が地元で上映されると知って、速攻で申し込んだ笑笑

 

予告映像から感じることと、映画レビューアプリに書いてある難しいとか

意味が分からなかったとかの感想を事前情報に行きました。

ぶっちゃけ怖かった。

レビュー点数が低かったからそんなにヤバい映画に

佐藤流司出てんの?まじ?私そんな映画観に行くの?2回も観るの?って思いながら会場入り。

 

会場は地方なんでガラガラですよねー。

好きな席選べて嬉しいし、他人をそんなに気にしなくて良いから良かった。

会場の諸注意が非常口関係と携帯関係だけで、

飲食オッケーなの?録音録画は禁止しなくて良いの?と後で思った。

もちろん、飲食しないし録音録画なんて以ての外だから気にならなかったけど。

司会のアナウンスと共にゆる〜く始まった。

 

で、観た感想なんだけど。

レビューで酷評された方は何を思って観たんだろう?という感じで個人的に面白かった。

映像も綺麗だし、撮影が2月ってこともあって空気感も私好みだった。

予告映像通りの素敵な音楽もあったし、内容はクズと犯罪とメンヘラっていう

とっても泥沼な組み合わせだったけど、良い感じにバランス取れてたと思う。

 

佐藤流司と黒羽麻璃央しか知らなかったけど、

知らないからこそストーリーに集中できたのかなーって思う。

まじクズとメンヘラしかいないけど、彼らには彼らの世界があるんだなーって思いながら観てた。

主演3人がイケメンだから終始画面がイケメンだし美味しかったのは事実。

 

内容はメンヘラが語る私が好きだった私を騙した彼と彼の周辺を調べたけど、

結局よくわかんなかったからこうだったらいいなっていうとっても香ばしい話だった。

語り手の女の子がそちら側に行きたかった、でも彼らは来るなって言っていると思うんです(意訳)

って言ってたけどホントにメンヘラ乙って感じだった。

被害者女の子のメンヘラ具合が面白く、考察?しがいがあるのでDVD購入案件です。

買うわ、DVD買うわ。お金貯めよ。

 

何を言おうと佐藤流司が終始美人だった。ほんと美人だった。

私は佐藤流司はカメラ目線ではなく、

斜め上とか横に視線を持っていっている時や横顔が最高に美しいと思っているんです。

この映画ではそういうところがいくつかあって最高に良かった。

あと、ファーの付いたコートめっちゃ似合うな。好きやで。

炒飯はスタッフがある程度作ったものをアドリブで佐藤永典さんと一緒に作ったみたいなんですが

ほんと可愛かった。卵いらないとか味濃ゆいとかほんと可愛かった。

ギャップは酷すぎて死んじゃう笑笑

ごぼう漬け烏龍茶はガチで噴いたらしいので、その辺りはお疲れ様でした。

 

今回の上映会で来ておられた野川大地さん。

監督も言ってたけど、捕まる時の逃げっぷり最高に良かった。

死が迫って何が何でも逃げなくちゃってのがリアルにほんとリアルに表現されてて良かった。

追う方の刑事役?のスタッフの熱演ぶりにも拍手!あのシーン好きです。

 

主演の3人は舞台俳優さんなので、舞台観に行くかDVDとか

買うかしか知る方法がなかったんだけど、映画でもやっていけるのでは?

と思えるほど良演技だったので、これからも映画に出演してほしい。

 

刀ミュでは私との解釈違いであんまり似合ってないなーって思ってた黒羽麻璃央なんだけど

2.5系より普通のドラマとか映画に出た方が良いのでは?っていうくらい良かった。

CDデビューを騙されて渡したお金が消え失せた被害者役だったけど、

キレっぷりが良かった。次回作?は主演っぽいので期待して観に行こうと思う。

歌上手いから配役もピッタリでした。

 

歌といえば、佐藤流司。

まじでCD欲しいんですけど、なんで再販してくれないんです???

本人が作った?らしいのでほんと残念です。通勤時に聴きたかった。

 

兎にも角にも、思ってた以上に良い作品でした。

でも、数回観たり監督のトークショーがないと分かりにくいところがあるかも。

タイトルのフォントとかパンフのフォントとかデザインとか面白いからパンフは買いだと思う。

フォント好きなので堪らなかったです。

サントラも欲しいです。たぶん買うかも。

 

楽しい1日でした。

 

f:id:dervertigosie:20170320193654j:image

 

 

11/25 ヘタミュ 感想

 

1番最初のニコ生での特番を観てから
ずっとふざけんなって思ってたミュージカルヘタリアを観てきた。

(最終的には楽しんでるしDVDも予約してます。)

 

なんでそんなことを思っていたのかというと
特番の中で、ヘタリアとは?(うろ覚え)と題して
各キャストがクリップボードヘタリアの印象などを
一言で書いていく企画をやっていて、
そこでとあるキャストさんが"ふざけた世界史"と書いた。
本人は悪気はなく、ただただ面白いということが伝えたかったと今では思うのだけれど、
当時、2.5次元、実写化に対してそれはもう否定的だった私からすると、
その答えは最悪でこんな人が携わるなんて…よくそれでお金稼いでるねと思った。
そのほか、2.5次元初見のヘタリア好き置いてけぼりの番組進行など
途中、頑張ってたであろうところもあったけれど、
特番は最後まで観たけどチケットを買おうだなんてとてもじゃないけど思えなかった。

 

それからしばらくして性懲りもなく第2弾の特番のニコ生を視聴。
あんなに非難轟々だった人たちが面白かったと言っているのが気になったというのはある。
声優飼ってるってなによ?
前回の特番で私の中の印象をブラックマンデー並みに落としたキャストさんは
キャストさんの中では1番のヘタリア好きと言われてて正直ドン引き。
あんなこと言っといてよくそんなこと言えるな。Twitterでそんなこと呟いてたと思う。
親分が新しく参加するのですら絶句。推しが出ないことが救いすら思えた。
プレミアム限定も観たけど、特番自体、以前と比べて落ち着いたような印象は受けた。

 

その後、刀擬人化ゲームの舞台とミュージカルの観劇を経て、
特番を観た頃より2.5次元化のことを理解できるようになった頃、
チケットぴあのメルマガで大阪公演の日程追加のお知らせが届いた。
なんとなく、これだけボロクソ言っといて一度も観ないだなんて
失礼な話よねと思うようになっていて、当たらなかったらこの企画とは
相性が悪かったんだなと思おうとハズれる前提で応募。
まぁ来ますよね、当選メール。
日にちも確認せずに応募なんかしちゃったもんだから
慌ててカレンダーを見れば、平日でした(有給確定です)

 

観劇を楽しみに行く半分、特番で受けた印象は本物なのか見定めに行く半分で
何を準備していいのかさっぱり分からなかったけど、
ウォークマンにまるかいて地球とはたふってパレードだけは入れて行った。
楽しみに行くというか戦地に行くというかとにかく緊張してた。

 

物販でパンフレットと使い方のよくわからないフラッグを購入。
運営よりご用意していただいた席はあんなにボロクソ言っていた割には、
というか割に合わない、前から2列目という席でした。
センターブロックではなかったけど、着席する人たちが全員ヤバイしぬって言っていた。

 

会場はずっとまるかいて地球のカラオケverが永遠と流れてた。
もちろん、イタちゃんのだけでなく出演するキャラ全員分。
それだけでここがひまさんが許した世界だと思ったら余計に緊張した。

 

開演五分前、突然DJ風のアナウンスが流れる。
歓声とDJのテンションのせいで名前が聞き取れず、
終演後Twitter見るまでヘタミュだけの新キャラクターだと思ってた。
紛らわしいぞ、メリカ。

 

本編はコメディらしく笑いどころが多く、客いじりも面白かった。
アドリブなのか台本通りなのか分からないくらい多かった。
あと、ギリギリアウトなセリフが多かった。
黒板のはだおもいとか沈黙で苦し紛れの妖怪ダンスとかユニバにある杖とか。

 

さすが前の席、ファンサ多いこと多いこと。主にお兄さん。
来る頻度なかなか高いと思うんだけど、どうだろう?
投げキッスしか記憶にないんだけど、ウィンクしてたかな?
眉毛と祖国と親分ばかり観てたからお兄さんが目の前に来てるの気づかなくて
気付いた時に微笑まれたような気がする。気がするだけ。
イタちゃんとは手を振り合った、はず。
そのほかは基本真ん中や後ろの方を観てたと思う。

 

純粋にすごいなって思ったのが、小道具の受け渡し。
通りすがりに渡したり、箱の中に入ってたり、
アンサンブルさんが喋ってる間に持たせてくれてたり、投げたり。
注意して見ておかないといつ変わったのかさっぱり分からない。
カップは本物を使っていたのかな?
舞台上から下げる時にカチって陶器の音がしたから
割れたらどうしようって変な心配してた。

 

話の内容は、大航海時代って言うもんだからがっつり海賊で
アルマダ海戦あたりをやるんかと思ってたら
大航海時代は最初の方だけでメリカの独立や第一次とか
普通にやっちゃうから結構混乱してた。
キャラが出したいが為の脚本って印象。
兄弟愛とか全面に出してきてたけど、
味音痴も祖国とにーにも言ってそれほど兄弟仲良くない…よね?
ちょっとそこのあたりが引っかかった。
あんまり覚えてないからDVD観るまではとやかく言わないけど。

 

全体を通して、確かに面白かったし散々笑ったけど
ヘタリアかと聞かれるとそうではないと思う。
解釈の違いってあるから私とは捉えているものが違うんだろうな。
でも楽しかったから普通にDVD予約した。

 

各キャラクターの印象をちょっとだけ書いておく。

イタちゃん
声の合わせ方がイタちゃんらしいなって思った。劇中の妙に外れた歌とか。
ビジュアルそんなに…って思ってたけど、イタちゃんなところあった。
長靴の天気予報可愛かった。

 

どいつ
声の張り方が似ているせいか安元さんぽい。
前回のキャスト知らないけど、普通にどいつだと思った。
ここでも変わらず苦労人だった。…お疲れさま。
メリカの訓練時、兄さんを使って欲しかった気はするけど、
兄さんはミュージカルに来たらものすごく大変だから
これで良かったといえば良かったかもしれない。

 

祖国
立ち振る舞いが祖国のようだった。もうそれしか言えない。
音程の取りにくいまるかいて地球も歌ってて純粋にすごいと思った。
祖国が持ってた刀はひまさんが持ってるのを参考にしたのかな?

 

メリカ
声は小西でメリカなんだけど、動きや言動はメリカじゃなかった。脚本かな?
もっと眉毛に反抗的でも良かったかも。
ストックホルム症候群にかかったようなメリカだった。
フリーダムさは完璧メリカ。ちびメリカのときは普通に笑った。あれは反則だって。

 

眉毛
ロック信者。お兄ちゃんの誇りとロックでできてる眉毛。
白目もなければツンデレもメシマズもない。パブったけど(超重要)
ヤンキーさは眉毛だったけど原作の眉毛なのか2次創作の眉毛なのかは
ちょっと判断がつかない。キレた時良かった。空気が変わったというか
メリカが取り返しのつかないことを言ってしまったっていうのがよく伝わったと思う。
独立反対の去り際、1人暮らしはゆるさねぇからな!は純粋に笑った。
原作の眉毛を泉に落としたらやたら綺麗になって帰ってきた感じ。
あと突然の流暢な英語。

 

お兄さん
まじでお兄さん、喋り方も小野坂っぽかった。
眉毛だけ貶す言い方はお兄さんだった。
ステージ上で寝転ぶ姿もお兄さんだった。
ファンサはストライキしなかった。
原作のお兄さんの優雅さはちっとも分からなかったけどミュのお兄さん優雅。

あと、メリカと一緒でフリーダム。

 

にーに
刀擬人化のキャラの方がしっくり来すぎてて
最初、違和感ありまくりだったけど
声優さんに負けないくらい頑張ってたと思う。
アンサンブルさん含めて扇子裁き良かった。
最後のあたりはにーにだった。
声優さんの方がガチで現地語喋れるからハードル高かったと思う。

 

ろっさま
歌上手い。身長高い。
無邪気さはそんなに強くなかったけどコルコルは比較的怖かった。
悪役に転じた時やっぱりそうなるかーっ!ってなった。
冬将軍はギャグで表現してた。
私が観た回だと、大半がウケて、肝心なところで滑ったらしい。

 

親分
東京公演初日あたりの集合写真が真顔で大丈夫かなって思ってたけど
笑顔の写真が多くなったし、舞台上でも親分らしかった。
関西弁に違和感はなかった。
リコピンのくだり良かった。知らんけどが良かった。

 

アンサンブルさん
顔も名前も知らない方々だったけど、終始すごかった。
踊って小道具渡して喋った方もおられたし、
国旗持って歩いたり、上から砂金を降らせたり、戦闘したり倒れたり
とにかく動いてて大変そうだった………お疲れ様でした。
アンサンブルさんの動きで舞台がさらに楽しかったと思う。

 

実際に観劇してから特番を振り返ると、
なんであの特番をもっと上手くやらなかったんだろうなって思う。
久しぶりに笑ったから余計に。

 

次回、第3弾をやる時は、起用されたキャラによるかな。